多様化する人生の選択肢

近年、ITの発展、価値観の変化、人口構成の変化、といった様々な要因により、仕事の仕方や人生の時間の使い方、家事の役割分担といった考え方に変化が起きてきています。

その結果、従来と比べて、人生の選択肢が画一的でなくなってきています。人生の選択肢は多様化しているのです。

しかし、新しい選択肢は、ロールモデルがいないことにより、そのメリット・デメリットを見極めるのが難しいのです。

多様な選択肢の図

緑の水平線

人生の時間の使い方

しかしながら、選択肢が多様化したことにより、従来より柔軟なライフスタイルを設計し、自身が希望する人生を送ることができるようになってきたのも事実です。

従来は、働きすぎなライフスタイルを見直し、「ワーク = 仕事」と「ライフ = 私生活」のバランスをよくするという「ワークライフバランス」の考え方が主流でした(ライフスタイル 1.0

しかし、現在では選択肢が多様化したことにより、ライフスタイルの構成要素をもう少し細かく4つ(趣味・癒し|収入を得る|家事|他人のケア)に分解して考えることができるようになりました。(ライフスタイル 2.0

4つのうち、「趣味・癒し」の時間をいかに増やすことができるか、それが豊かな人生を送ることであるといっても過言ではありません。

ライフスタイル2.0

緑の水平線

ライフスタイル2.0の実例

「趣味・癒し」の時間を増やす方法はさまざまありますが、3つの例を上げてみます。

その1 家事の分散化
家事代行サービスなどを利用して、「家事」の時間を家族や業者に分散することにより「趣味・癒し」の時間を増やすことが可能です。
そのためには、家事代行サービスを今よりさらに柔軟に使うことのできる社会インフラが必要となってきます。

その2 趣味と収入の一致
クラウドソーシングの発展により、保有するスキルを趣味としてだけ使うのではなく、仕事としてフリーランスで収入ことが可能となってきました。
このように、「趣味」と「収入を得る」活動を一致させ、「趣味・癒し」の時間を増やすことが可能です。

その3 収入の分散化
女性の社会進出に伴い、共働き家庭が増えてきています。
家庭内の大黒柱は昔のように1人ではありません。
起業や留学にチャレンジし、短期的にはパートナーの収入で生活することにより、「収入を得る」活動の時間をすべて「趣味・癒し」の時間にシフトすることが可能です。

ライフスタイル2.0の図

緑の水平線

ミッション

当社では次の取り組みをミッションに掲げ、活動していき、新しいライフスタイル = ライフスタイル2.0 の実現に貢献します。

● 時代に即した「多様な選択肢」の模索
● 「多様な選択肢」の実現に必要な社会インフラを、「ITを活用して作る」

新しいライフスタイルの実現

Show Comments